2018年04月26日

ニュース

山口達也 今後もTOKIOメンバーとして活動したい「私の席がそこにあるのであればまたTOKIOとしてやっていけたら・・・」

Pocket

女子高生への強制わいせつの疑いで警視庁が書類送検した人気アイドルグループ「TOKIO」の山口達也さんが4月26日午後2時から東京都内のホテルで記者会見を行いました。
 
会場に入るなり30秒にわたり頭を下げ謝罪した山口達也さんですが、冒頭はジャニーズ事務所の顧問弁護士が事件の経緯やなりゆきを説明しました。
 
 

山口達也の処分内容は無期限謹慎。

 
顧問弁護士は、山口達也さんの所属事務所である「ジャニーズ事務所」が本件を受けて無期限謹慎の処罰を与えたことを発表します。
 

これにより、山口達也さんがレギュラーを務めるテレビ番組は終了もしくは山口達也さん以外の出演者により放送するなどの判断が迫られます。
以下が、山口達也さんのレギュラー出演番組です。
 

■NHK Eテレ「Rの法則」
■日本テレビ「ZIP!」(月・水MC)
■日本テレビ「幸せ!ボンビーガール」
■日本テレビ「ザ!鉄腕!DASH!!」
■フジテレビ「TOKIOカケル」
 

番組の今後もそうですが、気になるのがTOKIOのメンバーとしてどうしていくのかという点です。

 
 

山口達也想いを吐露「もし待ってくれている場所があるなら、私の席がそこにあるのであればまたTOKIOとしてやっていけたら・・・」

 

山口達也さんは記者会見でメンバーに対する質問をされると、
 

「甘い考えかもしれませんが、怒ってくれるのも彼らくらいしかいない歳になったので・・・彼らを信じて、もし待ってくれている場所があるなら、私の席がそこにあるのであればまたTOKIOとしてやっていけたらなっていう・・・すいません・・・」
 

と想いを話しています。
 
本人の希望としては今後もTOKIOとしてやっていきたいという想いが強いようです。
 
TOKIOとしての活動については今後の事務所判断にゆだねられと思いますが、過去には森本龍太郎(元Hey! Say! JUMP)さんが未成年にも関わらず喫煙したとされる写真を週刊誌に掲載され事務所から無期限活動休止の処分を受けましたが、最終的にはグループ脱退と事務所退所という結末になっています。
 
今後、山口達也さんは希望通り謹慎明けにTOKIOメンバーとして活動することは出来るのでしょうか。

Pocket

この記事にコメントをする

※メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

月別