2016年09月17日

ニュース

高畑裕太は冤罪で被害女性は美人局?知人男性の正体をフライデーが報じる。

Pocket

8月23日に群馬県前橋市内にあるビジネスホテルで起きた高畑裕太氏の強姦致傷事件について今も尚、多くのメディアが取り上げていますが、9月16日に発売されたフライデーでは、被害女性の知人男性・X氏の正体について独占スクープという形で報じています。
 
フライデーの記事では知人男性・X氏は“その筋の関係者”で、この知人男性が示談交渉を仕切ったこと、高畑裕太氏の供述調書には例の“歯ブラシ”に関する記述はなく、事件が起こったとされる部屋へは被害女性と一緒にエレベーターに乗って向かったことなど、警察が発表した情報やマスコミが報じてきた情報と食い違う内容が書かれています。
 
真相は不明ながらも、フライデーの記事はかねてより一部ネットで囁かれてきた“高畑裕太冤罪説”、“被害女性美人局説”を助長するものになっています。
「すべての謎が解けた!」という見出しまで入れている今回のフライデーの記事。今までのマスコミ報道を覆すような内容ですが、よほど自信があるのでしょうか。
 
今まで報道された高畑裕太氏の強姦致傷事件の内容を振り返ると共に、フライデーに掲載された記事をまとめてみました。
 
 

事件の内容を振り返る➀ -警察が発表した情報とマスコミ報道-

 

映画撮影の為、スタッフらと共に事件現場となった群馬県前橋市内のビジネスホテル「S」に数日間宿泊していた高畑裕太氏。
事件前日、高畑裕太氏はスタッフらと共に市内の飲食店でお酒を飲んだ後ホテルに帰り、翌8月23日の午前2時過ぎ、高畑裕太氏が電話で「歯ブラシを持ってきて欲しい」とホテル従業員である被害女性を部屋に呼び出し、無理矢理に部屋に連れ込んで犯行に及んだとされ、その後に被害女性は知人男性・X氏に相談し、警察に通報。そのことで今回の事件が明るみにでたとされています。これまでにマスコミで報道されている内容をまとめるとこんな感じです。
 
高畑裕太氏の逮捕直後、警察が発表した情報は、
 

  • ■ ホテルフロントに歯ブラシを部屋に届けるよう伝え、歯ブラシを持ってきた被害女性の手を掴み無理矢理に部屋に連れ込んで強姦した疑い
  • ■ 行為に及んだことを高畑裕太氏本人が認めている
  • ■ 計画性はなかったと供述
  • ■ 女性を見て欲求が抑えられなかったと供述

 
というものでした。
 
 

事件の内容を振り返る➁ -高畑裕太釈放と弁護士のコメント-

 

takahata01_0917
前橋署からの釈放時、報道陣をにらみつける?高畑裕太氏

 

事件が一転したのが、まだ記憶に新しい9月9日のこと。
高畑裕太氏は突如、不起訴処分となり群馬県警前橋署から釈放されました。
強姦致傷罪が適用されていただけに、突然の釈放は驚きをもってマスコミに報じられます。
 
画像は釈放時、「本当に申し訳ありませんでした」と大声で謝罪した後、送迎車に向かう際のものです。
報道陣をにらみつけているようなその表情は、この事件で高畑裕太氏自身が腑に落ちないことがあるかのような、またマスコミの報道内容に不満があるかのような表情です。
※メディアでは極度の緊張から顔がこわばってあのような表情になっているという見方もあります。
 
そして釈放後に発表された高畑裕太氏側の弁護士のコメントは衝撃的な内容でした。
弁護士のコメントの要点をまとめるとこんな感じです。
 

高畑裕太さんの方では合意があるものと思っていた可能性が高く(中略)仮に、起訴されて裁判になっていれば、無罪主張したと思われた事件であります。

 

  • ■ 呼びつけていきなり部屋に引きずり込んだなどという事実はない
  • ■ 高畑裕太氏の方では合意があるものと思っていた可能性が高い
  • ■ 違法性の顕著な悪質な事件ではなかった

 
警察が発表した情報と大きく食い違っていることがわかります。
かなり強気のコメントですが、そこまで言い切るなら社会的地位を回復する為にもなぜ無罪を主張し裁判で争わなかったのか(被害女性側がそれを拒否した可能性も考えられます)など疑問も残ります。
また、弁護士との話し合いの中で印象操作の為に供述を覆した可能性もあります。
 
何にせよ、高畑裕太氏側の弁護士の強気なコメント、事件後の手際があまりにもよかった知人男性・X氏、高畑淳子さんが会見で使った“被害者とされる女性”という言葉など、謎の残る事件でした。
 
 

そして、9月16日に発売されたフライデーの記事はその謎に迫る内容となっています。
事件のキーマンとされていた“知人男性・X氏”の正体、高畑裕太氏側の弁護士の強気なコメントに隠された謎について記事に書かれています。
※もちろん真相は不明です。

 
 

高畑裕太被害女性の知人男性・X氏の正体とは

 
事件後、被害女性が真っ先に連絡をとったとされる知人男性・X氏。
一部報道では弁護士とされ、警察に通報したのもこの知人男性・X氏とされています。また、事件により傷を負った被害女性に病院に行って診断書を取るよう指示したのもこの知人男性・X氏とされており、その手際の良さから事件の真相を知るキーマンとされてきました。
 
フライデーの調査では、その知人男性・X氏は地元では“その筋の関係者”として知られた存在であり、知人男性・X氏は金融機関のデータベースでは“その筋の関係者”と認定されている人物なのだそうです。
警察庁には「G資料」という全国の“その筋の関係者”や組員のデータベースがあり、警察関係者であれば、知人男性・X氏の素性については認識していたはずだと断言しています。
 
 
また、今回のフライデーの記事には高畑裕太氏の知人とされるY氏の証言が掲載されており、知人男性・X氏についても書かれています。
 

「Aさんとの示談交渉は、Aさん側の弁護士、裕太の所属事務所の弁護士、高畑家の弁護士の三者がそれぞれ連絡をとりあい、まとめたもの。この交渉で大きな役割を果たしたのがX氏だったんです」
出典:フライデー9月16日発売号

※Aさんは被害女性
 
弁護士同士で話し合われる示談交渉の場にも第三者である知人男性・X氏が絡んでいるというのです。
高畑裕太氏側の弁護士が所属する事務所が、数々の芸能人を弁護してきた「無罪請負人」との異名を持つ弘中惇一郎弁護士が率いる法律事務所ヒロナカであるということがわかっていますが、そんな事務所に所属する弁護士に対しても渡り合える人物ということでしょうか。
 
さらに、Y氏は、
 

「裕太が警察に連行される直前、ホテルにAさんの関係者だという強面(こわもて)の男が怒鳴りこんできたそうです。その場にはAさんやホテルの従業員、映画のプロデューサーなどがいたようで、男は『大変なことをしてくれたな』と罵声を浴びせていた。とてもカタギの人間には見えなかったそうです」
出典:フライデー9月16日発売号

 
と話しています。この証言は知人男性・X氏の“その筋の関係者”とのつながりを示唆しているのでしょうか。

高畑裕太は冤罪で被害女性は美人局?供述調書の矛盾点とは

 
そして、警察が発表した情報と高畑裕太氏側の弁護士が出したコメントの食い違いについてもY氏は証言しています。
 

「裕太は不起訴処分で釈放されたわけですが、実は捜査段階の供述調書が作成されていて、群馬県警捜査一課の幹部や一部の関係者がそれに目を通しているそうです。その調書には『歯ブラシを持ってきてほしい』といった記述はいっさい書いていなかったというのです。では、二人はどうやって部屋に入ったのか。裕太の供述調書には『二人でエレベーターに乗って部屋に向かった』と書いてあるそうなのです。もちろん、二人でエレベーターに乗ったからといって、強姦ではなかったことが立証されるわけではありません。しかし、これまでの警察情報やマスコミの報道は事実と違うことが多すぎるのです」
出典:フライデー9月16日発売号

 

Y氏の証言が事実であれば、高畑裕太氏側の弁護士が出したコメントの通り、“呼びつけていきなり部屋に引きずり込んだなどという事実はない”ということになります。
 
 
フライデーに掲載された記事をまとめると、
 

  • ■ 知人男性・X氏は“その筋の関係者”であり、示談交渉の場にも影響をあたえた人物である。
  • ■ 知人男性・X氏との関係性は不明ながらも高畑裕太氏が警察に連行される直前に、ホテルに関係者と名乗るこわもての男が怒鳴りこんできている。
  • ■ 「歯ブラシを持ってきてほしい」と部屋に呼びつけたわけではなく被害女性とは一緒に部屋に向かった。

 
これだけ見てしまうと警察が発表した情報やマスコミが報じてきた情報には誤りが多く“高畑裕太冤罪説”や“被害者美人局説”を助長する内容に感じてしまいますが、あくまで真相は不明ということです。
フライデーに掲載された記事の内容やY氏の証言が本当なのかどうかもわかりません。
 
まだまだ謎も多く真実が見えてこない事件なので、今のところこの事件をどう捉えるかは人それぞれになってくるのだと思います。

Pocket

カテゴリー

月別

ピックアップ