2016年12月02日

ニュース

西武の喫煙未成年選手って誰?過去にも同様の問題が起き球団は謝罪をしていた。

Pocket

12月2日、西武の鈴木球団本部長が同球団の未成年選手が喫煙を行っていたことを公表し謝罪しました。
 
西武は2016年まで3年連続でBクラスに甘んじていますが、試合とは関係のない所でも大きな問題が発覚してしまいました。
なんだかプロ野球や高校野球って未成年の喫煙問題がしょっちゅう起こっているような気がします。
 
古くはダルビッシュ有選手も日本ハム入団が決まった年に喫煙を週刊誌に撮られ無期限謹慎処分を受けていたこともありますし、最近では2016年夏の佐賀県予選で龍谷高校が部室でのぼや騒ぎをきっかけに部員の喫煙が発覚し、準決勝への出場を辞退する事態となりました。
欲望を抑えることはできなかったのでしょうか。
 
そして今回の西武の公表を受けて人の性でしょうか、一体喫煙した未成年選手って誰なんだろうと気になってしまいました。
 
 

西武の喫煙未成年選手問題。現在所属する未成年選手は3名のみ。

 
※情報は2016年12月2日現在のものです
 

髙橋光成選手
年齢:19歳(1997/02/03)
在籍:2年目
2016推定年俸:1,800万円
 

愛斗選手
年齢:19歳(1997/04/06)
在籍:1年目
2016推定年俸:600万円
 

藤田航生選手
年齢:19歳(1997/12/11)
在籍:1年目
2016推定年俸:500万円
 

出典:プロ野球データFreak
※上記サイトのデータを参考にさせて頂きました。
 

現在西武に所属する未成年選手は上記の3名に絞られます。
特定はされていないもののこの3名の誰かになるということになります。
 
喫煙した選手は寮内の自分の部屋で喫煙をし火災報知機の作動により喫煙の事実が発覚したとのことですが、なんだか前述の龍谷高校のぼや騒ぎと似通っていますね。
 
球団は喫煙した選手を厳重注意し当面外出禁止を課したそうですが、この処分は世論は軽く見るのでしょうかそれとも重く見るのでしょうか。
 
そういえば西武は、2014年にも未成年の喫煙が問題になりました。

西武の喫煙未成年選手問題は2014年にも起きていた。

 
2014年1月22日、入団2年目の相内誠選手が未成年にも関わらず飲食店で飲酒・喫煙していたことを球団が公表し事実が明らかになりました。
その際は6カ月間の対外試合出場停止となったので今回発覚した喫煙問題よりも重い処分ということになります。
(飲酒をしていることと飲酒・喫煙の事実が複数回確認されているということも加味されているとは思いますが)
 
ちなみに相内誠選手は飲酒・喫煙問題の前にも、ドラフト指名され入団の仮契約を結んだ年に無免許運転と速度超過で千葉県警に摘発され問題を起こしていました。
 
この悪しき前例を断ち切り、ぜひ西武には野球の成績でAクラス入りを果たして欲しいと思います。

Pocket

この記事にコメントをする

※メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

月別

ピックアップ