2016年05月30日

テレビ

福山雅治主演 月9ドラマ「ラヴソング」第8話感想。木下ほうかが優しかった。

Pocket

めちゃイケからE村Pに扮した岡村隆史さんがゲスト出演して少しだけ話題になった第7話の「ラヴソング」でしたが、結果は視聴率6.8%と第6話から変動ありませんでした。
岡村さん効果で微増はするんじゃないかと思いましたが、影響なく最低視聴率が続きます。
 
第8話は第5話に続いて空一(菅田将暉さん)が大活躍の“空一回”でした。
いっそのこと第8話に30分足して、シェリルの曲作りとさくらのデビューの話まとめて、“空一エンド”の最終回でもよかったのではと思ってしまいます。
福山雅治さんと藤原さくらさんの年齢差があり過ぎるとバッシングを受け続けてきた「ラヴソング」ですが、ここにきて“空一エンド”の可能性も浮上してきました。
 
ドラマはさくら(藤原さくらさん)の喉に悪性の肉腫が発見され声を失うかもしれないということがわかり第3章に突入。
「君とキスをした夜」(第8話タイトル)の相手が神代(福山雅治さん)ではなく空一だった第8話の気になったことを書きたいと思います。
※あくまで感想です

 
 
⇒ラヴソング第7話までの感想はこちらから
 
 

空一にしかできない告白

 
 

223410

 
 
“俺さ、やっぱお前のこと好きだわ。
なんでお前のこと好きなんだろうな。
 
美人じゃねーし、
性格わりぃーし、
家事できねーし、
文句ばっか言うし。
乱暴で。”

 
“でもやっぱ俺、お前のこと好きだ。
お前がそばにいない人生とか考えらんねーもん。

 
 
途中までただの悪口ですけどね(笑)
 
常にさくらの近くにいて、さくらのことを純粋に思いやる空一だからこそ、しっかりと行動で示している空一だからこそ、そんな悪口も愛らしく聞こえますし、告白に説得力が生まれている気がします。
 

224732

 
真美(夏帆さん)が引っ越して、ひとりになったはずの部屋に当たり前のようにいて、
「おかえり」
なんて言われればグッときますよね。※あまり近しい人間でなければ事件になりますが
 
第6話で涼子(山口紗弥加さん)とよろしくやってたので100%純愛とは言えないかもしれませんが、神代とではなく空一とハッピーエンドでもいい気がします。
第8話タイトルの「君とキスをした夜」は神代とするのかなと漠然と思ってましたが結果は空一とでした。

 
 

木下ほうかが優しかった

 
 

230000

 
 
単独ライブへのお誘いでチラシを渡しにいくさくらに、いつものように嫌味を言う馬場工場長(木下ほうかさん)でしたがまさかのツンデレ。
 
さくらに仕事しろと言いながらも、もらったチラシをタモさんばりに掲示板に張っておくよう部下に指示。
 
極めつけは笑顔で
「頑張れよ」
だなんてどうした木下ほうか!?
なんだか表情が優しい!!
 
ライブにもばっちりスーツで駆けつけていましたし。
せっかく前番組の「スカッとジャパン」で作った悪役のイメージが崩れてしまわないか心配です。
 
まぁ嫌味キャラや敵キャラがいいこと言いだしたり味方になったりするっていうことは最終回が近い証拠ですからね。※持論

これ以上福山さんを傷つけないで

 
 

231633

 
 
3年ぶりに連続ドラマ主演を務めるということで期待されていたのに、蓋を開ければ月9ドラマの平均視聴率で過去最低の可能性が高まりつつあり、私生活では自宅マンションに48歳の女が侵入するなど、とにかく気が休まることがない日々を送っていると思われる福山さん。
 
そんな福山さんにドラマでもひどい仕打ちが。
 
急遽、シェリル(Leolaさん)との打ち合わせが入り、さくらの単独ライブに行けなくなった神代(福山さん)に
 
「はぁ~。あのおっさんなめてんな!」
 
と空一からおっさん呼ばわりされる始末。
 
打ち合わせをしているシェリルからは相手にされず、目も合わせてくれない状態で
 
「なんか印象が変わりましたね。」
「老けた。」
 
とさらっと言われる始末。
 
 
やめてあげてー!
 
そりゃ47歳ですもん(ドラマの設定では44歳)。
でも日本でこんなかっこいい47歳いませんて。
近くにいたら恐れ多くて“おっさん”だなんてとても言えません。
 
 
福山さんが本格的におっさん扱いを受けていますが、ぜひ最終話まで駆け抜けて欲しいと思う「ラヴソング」でした。

Pocket

カテゴリー

月別

ピックアップ