2016年10月19日

スポーツ

田中正義の読み方や経歴、プロ野球同学年の選手は?押さえておきたい基本情報。

Pocket

10月20日、2016年の「プロ野球ドラフト会議」が開催されます。
 
カープ女子の急増により、“にわかファン”という言葉をメディアで目にする機会が増えましたが、私はにわかにもなれない程野球に詳しくありません。
 
ですが、ミーハーな性格上「プロ野球ドラフト会議」で誰が目玉でどこの球団に行くのかくらいは知っておきたいんです。
 
そして今年の目玉は、アマチュア球界No1投手と言われる“田中正義”という選手です。
10月15日放送のスポーツドキュメンタリー番組「バース・デイ」でも田中正義選手が特集されていました。
 
10月20日の「プロ野球ドラフト会議」以降、職場や学校で話題にあがる機会も増えるであろう田中正義選手ですが、押さえておきたい基本情報をまとめてみました。
 
まずは単純な疑問として、“田中正義”ってなんて読むの?というところからいきたいと思います。
(こんなこと言ったらファンの方に怒られるかもしれませんが)

 
 関連記事 ⇒ 2016ドラフト1巡目指名2チーム競合“柳裕也”母と亡き父との感動エピソード。

 

 

田中正義の読み方は“たなかせいぎ”

 
“まさよし”ではなく、
“ただよし”でもなく、
“せいぎ”です!
田中正義(たなかせいぎ)
 
なんともまっすぐな名前です。
とりあえず読み方だけでも覚えておきましょう。

 
 

田中正義の読み方はわかったけど簡単なプロフィールは?

 
seigi01_1019
 

名前:田中 正義(たなか せいぎ)
生年月日:1994年7月19日
出身:神奈川県横浜市
身長:186cm
体重:91kg
出身校:住吉中学→創価高校→創価大学
ポジション:投手
投球/打席:右投/右打
自己最速球:156km/h

 
 

田中正義の経歴は?押さえておきたい基本情報。

 

以下、田中正義選手の簡単な経歴をまとめてあります。
 
小学1年生で野球を始め、6年生の頃にはチームのエースに成長。中学時代には140km/hの速球で活躍し、野球強豪校である創価高校に進みます。
 
高校時代は1年生の頃からエースナンバー“1”を与えられ投手として活躍するも、1年生の冬に右肩を故障し、2年生になると監督から外野手への転向を指示されます。
結果、高校時代は甲子園出場はおろか投手として活躍することも出来ませんでした。
 
外野手を続けるうちに肩の痛みは消えていた為、もう一度投手をやりたいという思いから創価大学進学後は再び投手として活躍します。
 
田中正義選手に注目が集まったのは、2015年6月29日に行われた「日本プロ野球選抜VS大学日本代表」の壮行試合でした。
当時創価大学3年生(20歳)だった田中正義選手はプロ相手に4回を投げ無安打無四球無失点、7連続奪三振という結果を残しプロ野球関係者の度肝を抜きます。
 
そしてアマチュア球界No1投手として2016年の「プロ野球ドラフト会議」を迎えます。

田中正義と同学年のプロ野球で活躍している選手は?

 
田中正義選手が創価高校3年生の頃、同学年でプロ志望届を出し、2012年「プロ野球ドラフト会議」の結果、プロとなった選手がいます。
 
田中正義選手が大学でアマチュア球界No1投手として活躍している間、プロとして活躍していた同学年の選手にはどんな人達がいるのでしょうか?
 
 

大谷 翔平(1994年7月5日)
北海道日本ハムファイターズ
年俸2億円(2016年)
 

藤浪 晋太郎(1994年4月12日)
阪神タイガース
年俸1億7,000万円(2016年)
 

若松 駿太(1995年2月28日)
中日ドラゴンズ
年俸3,600万円(2016年)
 

田村 龍弘(1994年5月13日 )
千葉ロッテマリーンズ
年俸2,760万円(2016年)
 

鈴木 誠也(1994年8月18日)
広島東洋カープ
年俸1,700万円(2016年)
 
 

野球に詳しくない人でも知っているであろう日本プロ野球界のスター大谷翔平選手と田中正義選手は同学年でした。
 
以上、田中正義選手の押さえておきたい基本情報でした。

Pocket

カテゴリー

月別

ピックアップ