2016年10月10日

テレビ

水曜日のダウンタウン“ヒトVS家畜”またも苦情がきそうな企画が放送。

Pocket

毎週水曜日の21時57分~22時54分に放送している「水曜日のダウンタウン」の企画にまたも苦情がきそうな内容が放送されます。
 
私は「水曜日のダウンタウン」を毎週見ていて、最近のテレビにはない攻めた企画が多くて好きなのですが、あまりにも攻めすぎた企画で過去番組に苦情がきたことが何回かある番組です。
 
10月12日の放送では“ヒトVS家畜大食いミックスルール”という企画が放送されますが、次回予告で確認出来る限り食べ物や動物に関する映像にシビアな人から苦情がきそうな予感が・・・
 
 

水曜日のダウンタウン “ヒトVS家畜大食いミックスルール”はどんな内容になるのか?

 
wed01_1010
 
wed02_1010
 
水曜日のダウンタウンでは過去にも“大食いミックスルール”の企画が放送されてきましたが、あくまで“人対人”で大食いチャンピオンVS柔道や棋士などその道の達人という構図で行われてきました。大食いと達人の得意競技を交互に行ったり、大食いと達人の得意競技が混ざったオリジナルの競技を行ったりという具合です。
 
今回は何やら“人対人”ではなく“人対家畜”という構図で、次回予告では豚がショートケーキを食い荒らしている様子や大食いチャンピオンが牛の乳をなくなるまで絞って飲むという様子が流れています。
 
本編はどうなってしまうのでしょうか?
 
人によっては“食べ物を粗末している”とか“動物軽視”だとか出てくるかもしれません。

 
過去のテレビ番組ではこれくらいのことで苦情がくることはなかったと思いますが、最近は“そんなことで苦情入れるの?”というような内容の苦情が多くなっているとタレントがTwitterでつぶやくこともあります。
番組の制作サイドもBPO(放送倫理・番組向上機構)からの注意を恐れていると言います。※番組イメージの低下や番組打ち切りの恐れから
 
今回の放送で苦情は出るのでしょうか?

水曜日のダウンタウン過去の苦情内容

 
前述の通り、「水曜日のダウンタウン」は過去攻めすぎた企画で何度か苦情が出ています。
例えば、
 
「背中にバカとかの紙を貼られるイタズラ、自力で気付くの不可能説」
 
何も知らないエキストラの男性の背中に「“バカ”好きで貼っているので、ほっといて下さい」と書かれた紙を貼り、男性が周りの反応から自力で背中に張られた紙に気付くのかという企画でしたが、男性が街行く人から写メを撮られたり笑われたりする様子を放送した結果“イジメみたいで笑えない”、“男性が可哀想”と批判が殺到しました。

 
 

「クロちゃん、どこかに閉じ込められてもツイッターさえあれば助けてもらえる説」
 
「安田大サーカス」のクロちゃんをとあるマンションの1室に閉じ込め、クロちゃんのツイッター投稿の内容を頼りに一般人が居場所を捜し当てる企画でしたが、関係のないマンションやアパートに人が集まり、近隣住民から苦情がきて企画は中止となりました。
 
 
このように、苦情の種類は違えど何かと問題になる番組が「水曜日のダウンタウン」です。
 
好きな番組なので、方向性を間違えないように攻めた企画を放送して欲しいと思うのですが、今回の内容は視聴者の目にどのように映るのでしょうか?

Pocket

カテゴリー

月別

ピックアップ