2017年04月07日

映画

迷宮の十字路の主題歌が神曲!エンディング実写ロケ地の映像にもぴったり!

Pocket

2016年に行われた劇場版名探偵コナンの人気投票で、公開された全作品の中から1位に輝いたのが「名探偵コナン 迷宮の十字路」です。
 
公開から10年以上経つ今も尚人気の高い今作ですが、映画と同じように高い評価を得ているのが主題歌として採用された倉木麻衣さんの歌う「Time after time~花舞う街で~」です。
 
今回は「Time after time~花舞う街で~」がいかに神曲なのかを書いていきたいのですが、まずはその曲がこちら。
 

 
曲をBGMにしながら記事を読み進めて頂けたら幸いです。

迷宮の十字路の主題歌が神曲!倉木麻衣「Time after time~花舞う街で~」のすごさ!

 

映画同様10年以上も前に発表された曲になりますが、色褪せない名曲です。
 
この曲そのものが魅力的であることに間違いはないのですが、名探偵コナンの主題歌として神曲であることの証明が過去にデータとして表れています。
 

2011年、名探偵コナンの劇場版が15周年を迎えるにあたって、株式会社レコチョクが“好きな主題歌”のアンケートを実施した結果、1位となったのが「Time after time~花舞う街で~」でした。
 
しかも2位も倉木麻衣さんの「Secret of my heart」!
 
「Secret of my heart」はテレビアニメのエンディングテーマ曲として2000年に採用されましたが、そこから現在に至るまでに倉木麻衣さんは名探偵コナンの主題歌をなんと21曲も担当しています!
21曲ってすごいですよね。
コナン制作サイドは倉木麻衣さん大好きなんでしょうか。
 
2017年には“同一アニメでの最多主題歌担当”としてギネス申請されるというから驚きです。
 
このようにコナンの主題歌と言えば倉木麻衣さんという印象の方も多いと思いますが、その中でも一番好きな主題歌として選ばれているのが「Time after time~花舞う街で~」なのですから、いかにこの曲がコナンと相性のいい神曲なのかは明白です。
 
個人ブログや2ちゃんねるのスレッドでコナンの名曲ランキングを独自に作成しているかたは多いですがやはり1位は「Time after time~花舞う街で~」が多いですし、うたスキ(JOYSOUND)が発表している倉木麻衣さん人気曲(歌われている曲)ランキングでも1位「Secret of my heart」に次いで2位が「Time after time~花舞う街で~」となっています。
 
どれだけ愛されてる曲なんでしょうか。
国民が認めたコナン主題歌と言っても過言ではないと思います。
 

「Time after time~花舞う街で~」のすごさについて書いてきましたが、次は「名探偵コナン 迷宮の十字路」の主題歌として映画のエンディングで流れる際の神曲ぶりについて書きたいと思います。

 
 

迷宮の十字路の主題歌が神曲!エンディング実写ロケ地の映像にもぴったり!

 

コナンと言えば謎解きが主軸のアニメではありますが、今作は非常に恋愛要素の強い作品で、劇場版では初めてコナンが新一の身体に戻り蘭と会う事の出来た作品です。
そして映画のキャッチコピーは「私たち、やっと逢えたんだね・・・」でした。
 

前述のとおり、「迷宮の十字路」は劇場版名探偵コナンの人気投票で1位となった作品です。
犯人が誰かよりも、新一と蘭の恋模様に興味がある人の方が多いという事でしょうか。
 

劇中では新一に会えない蘭の切ない様子が溢れ出ていましたが、そんな会いたい時に会えない蘭の心情にぴったりはまったのが「Time after time~花舞う街で~」だったのだと思います。
 
映画のエンディングは事件を解決した一行が東京行きの新幹線を待つホームのシーン。
新一と会えたことが現実なのかどうかを疑いはじめていた蘭が、ハンカチを見て新一との再会が現実の出来事だったと確信し、
“やっと逢えたね”
と心の中でつぶやきます。
映画のキャッチコピーにもなった言葉ですね。
そしてそのまま「Time after time~花舞う街で~」へと突入といった具合でした。
 
もうこの流れが最高!
 

timeaftertimeed01_0407

 
服部平次の初恋相手が山能寺で出会った手鞠をつく着物姿の少女なのですが、エンディングで「Time after time~花舞う街で~」が流れるとその少女を思わせる人物が実際に京都の美しい景色と共に実写で登場しエンドロールが流れます。
 
コナンの映画のエンドロールでは実写映像が流れることが多いですが、このアニメーションから実写への流れが映画での話を現実世界に近いものと認識させてくれるようで、全て見終わった後になんだか胸にこみ上げてくるものがあります。
 
エンディングの実写ロケ地として、

  • ■ 北法相宗大本山 清水寺
  • ■ 総本山 仁和寺
  • ■ 大本山 天龍寺
  • ■ 大本山 南禅寺
  • ■ 伏見稲荷大社
  • ■ 龍安寺
  • ■ 臨済宗大本山 東福寺
  • ■ くちろく 百千足館
  • ■ 季節の料理 琢磨

がエンドロールにエンディング撮影協力として出てきましたが、清水の舞台、龍安寺の石庭、伏見稲荷大社の千本鳥居、天龍寺の竹林の小径などはわかりやすかったですね。
 
エンディングの京都の美しい景色に「Time after time~花舞う街で~」が本当にぴったりはまります。
この曲は「迷宮の十字路」のストーリーもそうですし実写映像もそうですが、この映画の為に作られたんじゃないかと思えるくらい世界観を共有していると感じます。
(そもそも倉木麻衣さんは映画のストーリーを基に作詞したのでしょうか?ご存知の方いたら教えてください。)
 
このエンディングを見てしまうと好きな主題歌1位に選ばれるのも納得ですし、ネットで“神曲”と検索されるのも当然だと思えます。

 
 関連記事 ⇒ 山能寺(京都)は実在?コナン迷宮の十字路に出たお寺のモデルはどこ?

Pocket

この記事にコメントをする

※メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

月別