2017年04月07日

映画

コナン「それは前にあっただろう」迷宮の十字路でのツッコミはいつの事件?

Pocket

劇場版アニメ名探偵コナンの作品の中でも根強い人気を誇る「迷宮の十字路」。
 
京都を舞台にコナンとそのライバル探偵服部平次が活躍する映画ですが、作品の中で“あれっ、いつの話だっけ?”と気になるコナンと毛利小五郎のやりとりがあります。
 
 

コナン「それは前にあっただろう」迷宮の十字路で毛利小五郎にツッコミ

 

映画は窃盗団「源氏蛍」のメンバー5人が次々に〇害され、時を同じくして過去何者かに盗まれた秘仏のありかを示す謎の絵が「山能寺」に届くところからはじまります。
 
京都にある山能寺の依頼を受けて、謎の絵の解読にコナンや毛利小五郎がのり出しますが「源氏蛍」の事件と謎の絵が実は深い関わりを持っていて・・・というストーリー展開です。
 
気になるコナンと毛利小五郎のやりとりというのは映画中盤、料亭で〇害された桜正造が実は「源氏蛍」のメンバー伊勢三郎であることを服部平次が毛利小五郎らの前で明かすシーンにあります。
 
窃盗団「源氏蛍」のメンバーは義経と弁慶を除き名前に数字が入っているのですが、伊勢三郎が〇害されたことで名前に数字が入る人物がすべていなくなりました。
 

  • ■ 義経(よしつね)
  • ■ 弁慶(べんけい)
  • ■ 駿河次郎(するがのじろう) ×
  • ■ 伊勢三郎(いせのさぶろう) ×
  • ■ 備前平四郎(びぜんのへいしろう) ×
  • ■ 亀井六郎(かめいのろくろう) ×
  • ■ 鷲尾七郎(わしおのしちろう) ×
  • ■ 片岡八郎(かたおかのはちろう) ×

 
ここで、「源氏蛍」のメンバーに“五”の数字が入ったメンバーがいないことから毛利小五郎が、
 
「まさか、次は抜けている五のつく俺じゃあ・・・」
 
と訝しがるのですが、コナンが呆れた表情で、
 
「それは前にあっただろう」
 
と心の中でつぶやきます。
 
このやりとりが“あれっ、いつの話だっけ?”と気になったので調べてみました。

コナン「それは前にあっただろう」が指している事件とは?

 

「それは前にあっただろう」が指す事件は劇場版2作目にあたる「名探偵コナン 14番目の標的」のことです。
 
ちなみに映画のキャッチコピーは“次に狙われるのはだれだ!?”。
 
毛利小五郎に恨みを抱く犯人が、毛利小五郎の知り合いで名前に数字が入っている人物を13の数字から次々に襲っていく話で、目暮十三警部からはじまり毛利小五郎の別居中の妻である妃英理や阿笠博士も狙われ、最終的には名前に“五”がつく毛利小五郎も・・・と言う話でした。
 
ちなみにこの作品、コナンと蘭のキスシーン?もあるのでまだ見てない方はぜひチェックしてみてください。

 
劇場版コナンではたまに他作品での出来事を連想させるセリフやキーワードが出てきたりするので、そういったところも楽しめる要素ですよね。

 
 関連記事 ⇒ 迷宮の十字路「同じ顔だな、あの時と」っていつ?新一が蘭に言ったセリフの意味は?

Pocket

この記事にコメントをする

※メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

月別